はかり

はかり
これもお菓子作りには絶対に欠かせないものです。
写真はデジタル式(ソルター社製)のものです。1g単位で量れて、最高2kgまで量れます。
お菓子作りはなんと言っても、材料をきちんと量ることから始まります。なので1g単位で量れるものがお薦めです。容器を乗せてから0gに戻せるデジタル式のものが便利。
『1gぐらいいいや』なんて甘いこと言ってちゃだめですよ~?その1gで出来上がりにかなり差が出ます。

計量カップ

計量カップ
写真は『Pyrex』の計量カップです。250ccまで計量できます。
これよりまだ大き目のサイズもありましたが、そこまで大きいものはいらないだろうと思ったので。(これはアメリカで購入したものです。アメリカは1カップ=250ccです)日本でも同じ物が売られていると思います。耐熱ガラスなので電子レンジにも使えて便利です。隣は日本で購入してきた200ccの計量カップです。

計量スプーン

計量スプーン
左から、小さじ1/2(2.5cc)、小さじ(5cc)、大さじ1/2(7.5cc)、大さじ(15cc)です。かなり頻繁に使います。
使う量が少ない材料を量るのに便利です。もう15年ぐらい使い込んでる代物です(笑)。これはお菓子専用にしてあります。(実家にいた頃は料理にも使われてしまっていましたが(~_~;))

ボウル

ボウル
ボウル
ボウル
生地を混ぜたり、泡立てたり、計量に使ったりと、これも用途は限りないですね。
一番上の写真は計量カップと同じく『Pyrex』の耐熱ガラス製のものです。
金気が出ないので泡立てるときによく使います。ただとっても重いです。





真中の写真はステンレス製のボールです。
大きいものと小さいものと揃えておくと便利です。






一番下の写真は深型ボールです。
同じくステンレス製ですが、たくさんの卵や卵白を泡立てるときによく使います。 ハンドミキサーを購入したら付属でついていたものです(^_^)。得した気分♪

タルトチェーン

タルトチェーン
日本で言うところの、タルトストーンみたいなものです。

タルトやパイの重石として使います。アメリカで購入しました。

刷毛

刷毛
ナイロン製の刷毛です。クオカさんで購入しました。

毛が抜けることなく、しかもしなやかで柔らかいのでシロップが塗りやすく、スポンジケーキにシロップを塗る時に使っています。

パレットナイフ

パレットナイフ
写真上がやや曲がったタイプ(L字型パレットナイフ程曲がってはいません)のもの。刃の部分約20cm。 先日衝動買いしました(徒然日記 2004.08.09を読んでいただければ分かると思います)。
写真下は普通のパレットナイフです。刃の部分約15cm。
デコレーションには欠かせない道具ですね(といってもやはり使う側の技量が物を言うのでしょう・・・。私はデコレーション、ものすごく下手です(汗)。

シフォンケーキナイフ

シフォンケーキナイフ
クオカさんで購入しました。

これを買うまではシフォンケーキはパレットナイフで取り出していたのですが(筒部分は竹串)、これだと筒の部分もきれいに外せるので、今ではなくてはならない存在です。

小さな小道具

小さな小道具
向かって左は卵を卵黄と卵白に分けるときに使うもので、向かって右は少しの分量を混ぜる時に使うために購入しました。

ケーキクーラー

ケーキクーラー
上の黒い丸いもの、下の長方形のもの、共にアメリカで購入しました。

下側の長方形のものはロールケーキ生地やクッキーなど、大きかったり大量に焼きあがるお菓子を作るときに使い、上側のものはスポンジケーキやパウンドケーキの時に使用しています。

口金

口金
デコレーションや生地を絞り出すのに使う口金です。

一番使っているのは丸口金と切込みが6つの花口金(星口金?)。 手前の小さいものは昔から持っていた物です。大きいものはほとんどアメリカで購入しました。サントノレ口金とモンブラン口金(中)はクオカさんで購入。

シルパット・クッキーシート

シルパット・クッキーシート
2つともアメリカで購入しました。

シルパットは小さめサイズなのでスコーンを焼く時に仕様します。何回も洗って使えるので便利。

回転台

回転台
デコレーションケーキには欠かせない回転台です。
これは日本でだいぶ昔に購入しました。

ケーキ保存用ケース

ケーキ保存用ケース
アメリカで購入しました。

かなりしっかりした作りで、ふたも簡単に閉められるので気に入っています。
なんと$20もしました。もっと安いと思っていたのでちょっとショックでしたが、このしっかりさで納得しました。