今回は、レシピは全て同じ条件で、以下の通りに焼き温度と焼き時間を変えて比較実験してみました。型は大きさ18cmの丸型。 残念ながらどのパターンでも、結局元の高さ(生地を型に流しいれたときの高さぐらい)にまで縮むという結果でした。 なので今回はこれについては割愛します。今回注目したのは「焼き色」と「食感」です。
焼き色1 ☆A=150℃予熱→150℃で30分→170℃で10~15分→180℃で10~15分
焼き色2 ☆B=180℃予熱→180℃で15分→150℃で30分→190℃で5~10分
焼き色3 ☆C=レシピ通り(180℃予熱→180℃で20分→150℃で30~40分)
一番きれいな焼き色で表面もヒビ割れる事無く焼けたのが、☆Aでした。

☆Bは表面がヒビ割れてしまい、☆Cは焼き色がイマイチである上に(うっすらとは付くのですが)今回は何故かヒビ割れました・・・。

以前使っていたのはガスオーブンで、しかしシフォンでも焼き温度を高くしないと焼けなかった事から、「スフレチーズケーキを焼く場合も温度を上げないとダメなのか」という考えに至りました。
食感についてですが、しっとりさから順番に並べると ☆C>☆A>☆B という結果になりました。
やはり☆Cは生地の水分の蒸発分が少ない分、しっとりさが保たれているように感じました。

ふわふわ感で比べると ☆A>☆B>☆C という結果に。

総合的に見ると ☆A>☆C>☆B となりました。
徐々に温度を上げていったほうが良いのかも知れない・・・。

もっとも食感は好みになります。ふわふわ感を重視するのであれば、温度を徐々に上げていったほうが良いようですし、しっとり感を重視するのであれば、初めは温度は高めであとは低温で、とした方が良いようです。 でも、バランス的には、やはり☆Aが一番だと私は感じました(ちなみに旦那様の意見は「☆Cが一番良い!」でした・・・)。


なので今回の実験で、自分のレシピを一部改訂するべきなのかどうなのか・・・・と悩み、改訂する事にしました。 といっても変わるのは「焼き時間」と「焼き温度」だけですので、その部分だけを改訂します(一応分かるように赤文字で表示させておきます)。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m