チェリータルト
珍しくとびきり美味しいビングチェリー(アメリカではビングチェリーといいます)が手に入ったので、生の果物が食べられない旦那様のために、タルトにしてみました。

チェリーを見て、その粒の大きさに惹かれて買ってしまったのですが(^^;)、食べてみたらものすごく甘くて美味しい! 去年の夏に食べたものとは雲泥の差!!(夏に食べたものはものすごく不味いチェリーでした・・・・) 当たりだー!と喜んだものの、旦那様は果物を食べると喉や口がかゆくなってしまう体質(スイカとバナナは大丈夫ですが)。 加熱しない限り、食べられないのです・・・・。

折角美味しいチェリーなのに・・・・。ならば!と、旦那様の大好きなタルトに仕上げてみました。 肉厚なチェリーだけに、型崩れすることもなく、キルシュのきいた生地と程よくマッチ。
加熱してあるので、旦那様も安心して食べる事ができました(^^)

サイズ

直径21cm 底が取り外せるタルト型 1台分

カロリー

約2,379kcal, 1/8切 297kcal, 1/10切 約238kcal

材料

基本のタルト生地 全量
アメリカンチェリー 約43粒(種と軸を取り除いたもの。約385g)
アパレイユ
    卵 1個
    砂糖 50g
    薄力粉 10g
    アーモンドプードル 20g
    牛乳 75cc
    生クリーム 50cc
    キルシュ 大さじ1

下準備

☆タルト生地は予め作っておき、先に焼いて冷ましておきます。
   基本のタルト生地を参照してタルト生地を作り、生地を休ませた後に3~4mm厚さに伸ばし、タルト型に
   敷きこんで冷蔵庫で1時間以上休ませる。
   オーブンを200℃に温めて、休ませていた生地を取り出し、ピケ(生地に穴を開けること)はせずに
   アルミホイルと重石を乗せて、200℃で20分焼き、重石とアルミホイルを取り除いて冷ましておく。
*アメリカンチェリーは洗って水気を切り、種と軸を取り除いておく。
   種を取り除く時には、実の中心部分にナイフを入れてぐるっと一周して切れ目を入れ、片方の実をねじると
   簡単に実が種から離れます。そしてナイフの先で種を取り出します。種を取り除いたら切り口を合わせて
   元の形に戻して皿に乗せ、使うまで冷蔵庫に入れておきます。
   種を取るのが面倒であれば、取らずにそのまま使っても構いませんが、切り分ける際と食べる時に
   少々面倒な事になるかと思います。
*オーブンは180℃に温めておく。

作り方

1. アパレイユを作る。グラニュー糖、薄力粉、アーモンドプードルをボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
2. 牛乳を電子レンジ(W数にもよりますが、40秒~1分程)にかけて温め、ここに生クリームを加え混ぜておく。
3. 1の中央をくぼませてよく溶いた卵を加え混ぜ合わせ、2を3~4回に分けて加え混ぜ、最後にキルシュを
   加えて混ぜ、一度こす。
4. 空焼きして冷ましておいたタルト生地に種と軸を取り除いたチェリーをびっしりと並べて3を静かに流し入れ、
   チェリーをナイフの先でつついて余分な空気を抜き、180℃のオーブンで約30分(表面に焼き色が
   つかない様ならもう少し)焼く。