チョコムースケーキ失敗談

失敗チョコムースケーキ
見た目は良し!柔らかさも良し!さあ、食べるぞ~!と、一口目は良かったのです・・・・・。次以降、もー重くて重くて(; ̄O ̄)、チョコと生クリームた~っぷりの超濃厚な、食べるのが嫌になるぐらいの重さでした(泣)
チョコと生クリームを使いすぎた上に、バナナのカラメルソテーを作って挟んで見たのですが、これがまた濃厚な味に更に拍車をかける結果となりました。完熟バナナはソテーしない方が良いです( T∇T)。旦那様もとっても食べるの嫌そうでした。「あー・・・・またあれ食べるの?」って・・・・・。しばらく作らないかな~・・・・これは(苦笑)。

ムースケーキ失敗談

三層構造抹茶ムースケーキ
夏ですね~。ということで、ムースケーキに挑戦したのですが・・・。なんじゃ? これ、って感じに出来上がりました。 小倉&抹茶ムースなんですけど、ゼラチン足りなかったのかものっすごく不安定だし、抹茶ムースは分離して、しかも一部は間に挟んであるスポンジ生地に吸収されてしまっているし・・・・。味はとってもよかったんです・・・・・・。ですけど、こんなのケーキじゃない~!!! これはスポンジなんて挟んだりせず、グラスに入れて固めればよかったです。ケーキに仕立てるには、もっとゼラチンの量を増やす必要がありそうです。 う~・・・・・・ムースって難しい・・・・・。もちろん、旦那様にも「・・・・・何これ?」って言われちゃいました(-。-*)o

チョコチップクッキー失敗談

丸焦げチョコチップクッキー
アメリカに来て是非作っておきたいものがありました。それはアメリカタイプのチョコチップクッキーです。アメリカの子供が親から初めに教えてもらうのが、チョコチップクッキーなんだそうです。日本で売られている「カン○リー・マァム」がそれに近い?みたいですね。今回、フードプロセッサーをアメリカで購入したのですが、そこにチョコチップクッキーのレシピが載っていたので、私なりにアレンジして早速作ってみました。
結果・・・見事に黒焦げです!!
まさかわずか10分足らずの間に焼けすぎてしまうとは・・・(0o0)。 オーブンの温度も少々高すぎたのですが、なんと言っても焼き時間の短さ!これが誤算でしたね~。加える砂糖の量も結構多めですし、私はしっとりとさせるためにはちみつを加えたんですね。はちみつは、生地をしっとりとさせて、保存性も高めてくれる性質がありますが、とっても焦げやすいんですね・・・。加えた本人ははちみつを加えたことを忘れてまして、早く焼けないかな~、と呑気にオーブン覗いてました。そしたらなんだか焦げ臭いような・・・、と出したときにはもう遅かった、はうっ?!って感じでした。写真は、左側がクッキーの表で、右側の黒いほうが見事に焦げたクッキーの裏側です。決してココアクッキーではないですよ(笑)。あまりにも多めに出来てしまったので、『リベンジだ~!』と作るわけにもいかず、しばらくしてからまた配合変えて作ってみようと思っています。

チョコチップクッキー成功!!!

今度は思うように焼けましたo(^∇^o)(o^∇^)o !形は少々いびつですが、そこはご愛嬌ということで・・・。しっとりと柔らかい、まるで「カン○リー・マァム」を思い出させるような・・・そんなクッキーに仕上がりました(まったく同じにはなりませんよー、念のため)。しかしオーブンの場所によってはやはり多少は焦げてしまう部分がありました。オーブンの癖を知るのも、お菓子作りには大切なことなんだなー、と実感。でも前回失敗していた分、オーブンのどこに置けば焦げやすいかが分かっていたので、多少焦げたものは数枚で済みました。これは絶対作ってもらいたいものの一つです! 絶対、絶対おいしいです!! しかも混ぜるだけ、焼くだけの簡単なものです。チョコチップが沢山入っているので、チョコ好きな人にとっても喜ばれるんじゃないかと思います。
カントリーチョコチップクッキーのレシピはこちら

この後の失敗談

これ以降の失敗談はブログに移行しました。