りんごと洋梨のフラン風タルト
今回は生地に甘さの無い「ブリゼ生地」でタルトを作ってみました。

卵黄入りのパイ生地みたいな感じ、でしょうか。少し多目の配合なので、生地は多少余ります。 残った生地は子供達用にクッキーの抜き型で抜いて焼いてあげますが、クッキーとパイ生地の中間のような食感で気に入っているようです(生地に甘みはないですが、関係ないみたい)。 洋梨は手に入るなら生がお薦めです。そして少々固い方が食感が楽しめて良いと思います。

これは残念ながら旦那様にはNGでした(><)

サイズ

直径21cmタルト型 1台分

カロリー

総カロリー 1,774kcal(仕上げのアプリコットジャムは含まず。洋梨は生で計算), 約222kcal(1/8), 177kcal(1/10)

材料

ブリゼ生地(出来上がり量 約360g。この内約2/3位を使用)1,575kcal
    薄力粉 150g
    強力粉 50g
    塩 2g
    無塩バター 100g
    卵黄 1個分
    冷水 40cc(30ccと10ccに分けておく)
アパレイユ 約559kcal
    サワークリーム 80g
    生クリーム 50cc
    グラニュー糖 40g
    卵 1個
    ポワールウィリアム酒 大さじ1/2
    (ポワールウィリアムとは洋梨のお酒です。なければブランデーで代用してください)
    りんご 小さいもの約1個分
    洋梨 約1個分
    (生が手に入らなければ缶詰で代用してください。その場合はしっかりと水気を切っておいてください)
仕上げ
    アプリコットジャム 適量
    水 少々

作り方

☆前日に、ブリゼ生地を作っておきます。
*薄力粉、強力粉、塩を合わせてふるっておく。
*卵黄と冷水30ccをよく混ぜ合わせておく。
*無塩バターは1cm角に切って使う直前まで冷蔵庫に入れておく。

1. ボウルにふるった粉類と冷蔵庫から出したばかりのバターを入れ、カードで刻みながら粉と混ぜて、
バターが小豆大になったら手でこすり合わせるようにして、粉チーズのようなサラサラの状態にする。
2. 卵黄+冷水30ccを合わせたものをもう一度良く混ぜ合わせてから加え、カードで折り重ねるようにして
   混ぜたら残りの10ccの水を加え同様に混ぜる。だいたい混ざったら(まだぼそぼそとした感じでOK)
   手の平で押さえて折り重ねる。これを4~5回繰り返して生地をまとめ、ラップで包んで冷蔵庫で一晩休ませる。

☆生地作りはフードプロセッサーがあると便利。
★ここまでを前日に済ませておいてください。

☆仕上げます。
*缶詰の洋梨を使う場合は、ペーパータオルの上においてしっかりと水切りをしておく。

3. 休ませていた生地を取り出し、少し室温において生地を柔らかくしてからラップで挟んで厚さ4㎜程に伸ばし、
   型に敷きこみ、最低1時間以上休ませる(時間があるなら半日以上)。
4. オーブンをあらかじめ200℃に温めておき、休ませておいたタルト生地を取り出し、
   ピケ(生地に穴を開けること)はせずに、アルミホイルを乗せ、その上に重石を乗せて200℃で20分→
   アルミホイルと重石を取り除いて、180℃に下げて更に10分焼き、冷ましておく。

※次の作業に入る前に、オーブンを170~180℃に温めておいてください。

5. サワークリームを泡立て器で混ぜ、グラニュー糖を加えてグラニュー糖が溶けるまでゆっくり混ぜる。
6. 卵を加えて、同様にゆっくりと混ぜる。
7. 生クリームを加え、泡立てないようにゆっくりと混ぜ、最後にポワールウィリアム酒(又はブランデー)を
   加え混ぜる。
8. りんごと洋梨の皮をむき、芯を取り除いて厚さ4~5㎜にスライスし、用意しておいた生地の上に
りんご→洋梨と交互になるように放射状に重ね、7のフラン生地を静かに流し入れる。
9. 包丁の先で所々つついて余計な空気を抜き、170~180℃のオーブンで30分程焼く。
10. 焼きあがる前にアプリコットジャムと水少々を小鍋に入れて温めておき、焼きあがったら刷毛で表面に塗る。
粗熱をとってから冷蔵庫に入れて完全に冷やす。