About Kabarin blog

Kabarin Room管理人の日常生活。

Ads

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ミキハウス

Archives

2004年11月の日記
2004年12月の日記
2005年01月の日記
2005年02月の日記
2005年03月の日記
2005年04月の日記
2005年05月の日記
2005年06月の日記
2005年07月の日記
2005年08月の日記
2005年09月の日記
2005年10月の日記
2005年11月の日記
2005年12月の日記
2006年01月の日記
2006年02月の日記
2006年03月の日記
2006年04月の日記
2006年05月の日記
2006年06月の日記
2006年07月の日記
2006年08月の日記
2006年09月の日記
2006年10月の日記
2006年11月の日記
2006年12月の日記
2007年01月の日記
2007年02月の日記
2007年03月の日記
2007年04月の日記
2007年05月の日記
2007年06月の日記
2007年07月の日記
2007年08月の日記
2007年09月の日記
2007年10月の日記
2007年11月の日記
2007年12月の日記
2008年01月の日記
2008年02月の日記
2008年03月の日記
2008年04月の日記
2008年05月の日記
2008年06月の日記
2008年07月の日記
2008年08月の日記
2008年09月の日記
2008年10月の日記
2008年11月の日記
2008年12月の日記
2009年01月の日記
2009年02月の日記
2009年03月の日記
2009年04月の日記
2009年06月の日記
2009年08月の日記
2009年09月の日記
2009年10月の日記
2009年11月の日記
2009年12月の日記
2010年01月の日記
2010年02月の日記
2010年03月の日記
2010年04月の日記
2010年05月の日記
2010年06月の日記
2010年07月の日記
2010年08月の日記
2010年11月の日記
2011年01月の日記
2011年03月の日記
2011年05月の日記
2011年06月の日記
2011年08月の日記
2011年09月の日記
2011年11月の日記
2012年01月の日記
2012年03月の日記
2012年07月の日記
2012年08月の日記
2012年09月の日記
2012年10月の日記
2012年11月の日記
2012年12月の日記
2013年01月の日記
2013年02月の日記
2013年04月の日記
2013年08月の日記
2013年12月の日記
2014年02月の日記
2014年03月の日記

Recent Comments

kabarin (怪我!!!): たかりんさん!!申し訳ないです~!!! たかりんさん…
たかりん (怪我!!!): お久しぶりです、kabarinさん。 久しぶりにブログ見に…
kabarin (明けましておめで…): 一人ハイボールは寂しいね(^^;) 義兄さまも楽しか…
みるりん (明けましておめで…): あ、妹です。 お正月はすんませんでしたー。 ごめんな…
kabarin (バレンタイン…): ちいさん、お久しぶりです!! お元気ですか?! 帰国…
ちい (バレンタイン…): お久しぶりです!! なんか、私もバタバタ毎日を送ってい…
あわゆき (バースディパーテ…): お久しぶりです。しばらく訪問していなかったら、日本…
kabarin (日本帰国決定…): BBさん、お久しぶりです! お返事遅くなって申し訳あり…
BB (日本帰国決定…): Kabarin さん 帰国が決まったのですね。 かなりビック…
kabarin (日本帰国決定…): たかりんさん、こんにちは! ありがとうございます、に…

『柿の種』は溶ける?!

Friday 27 October 2006 at 06:14 am 柿の種といっても、お菓子の柿ピーじゃないですよ(笑)

柿の、種実のこと。種です、種。

「熟柿(じゅくし)」という柿がありますね。渋柿を収穫せずにそのままにしておくと、どんどん熟して甘くなった柿なんですが(甘柿も収穫せずにおいておくとこうなりますが)、この柿、かなりの人気者なんですね。いわば腐る一歩手前の柿、みたいな状態なんですが(爆)、ドロドロで、中が透けて見えるほどのものまであります。

「熟柿に勝る果物はない!」とまで言う人もいるほど。

ちなみに私は、この柿が食べられません(><;) 硬い柿が好き。あ、でも樽柿は好きです。このぐらいの柔らかさならまだ食べられるけど、熟柿はダメ。桃や洋ナシも、どちらかというと硬い方が好き。で、なんで「熟柿」について書いたかというと、先日旦那がとんでもないことを言ってのけたから。

旦那:「熟した柿ってさー、種が溶けちゃうんだって」

Σ(・Д・)・・・・・・はっ?!

旦那:「この前出張に来てた人がそう言ってたんだけどさ、本当かな~」

私:「溶ける訳無いじゃん!あんな硬い種が溶けるはずがないでしょ!」

旦那:「でもその人あの柿がすごい好きで、『ドロドロだからちゅーって吸って飲む』なんて言ってるんだよね。食べると種が無いから、溶けるんだって」

私:「嘘つけ!種の保存のために種があるのに、なんで種が溶けちゃうのさ!!溶けたら柿は繁殖できなくて、絶滅してるわ!!」

旦那:「だって俺は嫌いだから食べたこと無いけど、食べた人がそう言ってるし。だから柿のすぐ側には柿の芽は出ないんだって」

私:「おばあちゃんが熟した柿が大好きで、しょっちゅう見てたけどちゃんと種出してたよ?!しかも腐って落ちた柿も見たことあるけど、ちゃんと種はあったよ?!おまけに柿のすぐそばに芽が出てたよ?!それはどう説明するの?!」

旦那:「えー、じゃあ鳥が食べて運んだんじゃないの?」

私:「鳥が運んだんならもっと遠くに芽が出るはずだ!柿の、もうすぐ下、何メートルと離れていないところに芽が出るんだよ?!第一おばあちゃんが出してるのはどう説明するの?!溶けるなんて証明でもあるの?!」

旦那:「俺、もしかして担がされたの?それともその人がそう思い込んでるだけ?」

早速ネットで調べるも、そんなこと調べる人なんているわけがない!第一溶ける訳がないじゃないかー!!色々調べた結果、こういう結論に達しました。

「果物は、若いうちは鳥などに食べられてしまわないように、甘くならない。それはまだ中の種が熟してないからで、種が熟してもうOKだよ、となると、今度は種を運んでもらうために実が甘くなる。渋柿は熟さないと甘くならないので、鳥は食べられない。でも熟柿は甘いので食べられる。でも種は硬い。鳥も硬い種までは食べない。でも種を運んでもらいたい。そのために柿は種の周りを寒天状のもので覆って、つるんと飲み込みやすくする」・・・・・のだそうです。ここがポイント。

「種の周りを寒天状のもので覆って、つるんと飲み込みやすくする」←これですね。

つまり!!種が溶けると言い切った人は、ちゅーっと吸っているために、種までつるんと吸いこんでいると!当然噛まずに飲み込んでいるわけです!!だから、種は溶けてしまうんだ!と勘違いしているに違いない!!

こんな雑学知識ばかり身に着く私・・・・・。こういうことには必死で挑めるのになぁ・・・・・・勉強は嫌いなんだよなぁ・・・・・・。勉強ってどうしてはかどらないのかな・・・・なんて変なことを考える私でした。

紅葉の季節です。

Monday 09 October 2006 at 06:02 am こんな時には・・・・・北に行って紅葉を見に行かねば!!ということで、2週連続で紅葉を見に、ノースコンウェイという所に行った。


先週はまだ少し早いかな?というぐらいだったのに、今週はもうピーク過ぎちゃった?という感じ・・・・・。最近では朝の冷え込みがすでに0度近いので、紅葉も一気に進んでしまったのか・・・・・(--;)

一昨日は(10月7日は)秋晴れのすごく良いお天気。紅葉日和!!が!9日はアメリカ、コロンブス・デーで3連休(ちなみに旦那様は休みじゃないので、我が家には関係の無い話)。なのでノースコンウェイ、ものすごく混んでいて、全然進まない!!( ̄□ ̄;) 通常なら10分ぐらいで通る道が、なんと40分ぐらいかかりました・・・・・。結果的には丁度良い時間に着いたので、よかったけど・・・・・。

お昼をノースコンウェイのマクドナルドで済ませた私達。プレイスペースは子供達ですごいにぎわいだったのだが、その中の中国人の男の子(4~5歳ぐらいかな)がなぜかぴろんをいたく気に入り、一緒になって遊んでくれました(^^) ぴろんが付いて回るのではなく、男の子がぴろんに付いて回る・・・・といった感じ(^^;) で、その男の子のお兄ちゃんが、ぴろんに付いて回る男の子に付いて回る・・・・となんとも不思議な図。

挙句、ぴろんはなぜか、男の子に「エイミィ」と呼ばれていました・・・・・( ̄▽ ̄;)
いやぁ・・・・エイミィときたか・・・・・。


まぁ、ぴろん、普通に日本語で話しかけるもんね、分からないよね。うんうん。エイミィで良し!でもその男の子、二重でものすごくかわいかった♪

帰るのがいかに大変だったのかは、言うまでもありませんが・・・・。

そして帰りにノースコンウェイのアウトレットモールに寄り、旦那様と子供達が小さな公園で遊んでいる隙に、私はいざ買い物へ!!

目指すは先週目をつけておいた、キッチン用品店!!

3連休ということもあり、NHは税金がかからないということもあり、ものすごい混み様!カナダはケベックから来ている車も、沢山あった。で、キッチン用品店では、大きなケーキクーラーやシリコン製のゴムベラ、子供達のレンゲ等・・・・カゴいっぱいに買い込み、しめて$34程。いや~!欲しいものが買えてすっごく満足!!アウトレット最高!!

そして帰りはすいすいと進み、どうしても手に入れたかった物を買いにスーパーマーケットに寄ってもらった。

それは・・・・・イギリス生まれの「ENGLISH DOUBLE DEVON cream」!!


分かる人には分かります。そう!スコーンには欠かせないという、クロテッドクリームみたいなもの!!値段は$5!!安い方だと思う!!本当はクロテッドクリームが欲しかったけど、こちらは売っていなかった・・・・。なので日曜日の朝食はスコーン!!

いざ試食!!!・・・・・おう!濃厚!でもあっさり!!(←良く分からない表現)

よくクロテッドクリームは「生クリームとバターの中間ぐらい」と言われるけど、このクリームも確かにそんな感じ。旦那様は「味ないよ」・・・・・・・甘いクリームだと思っていたらしい(--;) うん、でも・・・・・・このクリームを食べたいがためにスコーンをわざわざ焼こうとまでは・・・・・私は思わないかな・・・・(^^;) 美味しいには美味しいけど・・・・・・「これ食べたい~!!」って感じではない。濃厚といっても脂肪分は48%と表示されている・・・・・。と、いうことはクロテッドクリームはこのクリームよりも、もう少し濃厚ということかな。でもこれだけの脂肪分でありながら、朝食に食べた割には胃がもたれなかった。以前朝食にスコーンを食べたときには、生クリームを添えて食べたけど、胃がもたれて仕方なかった。なるほど。濃厚な中にもあっさりとしたこの味!これが人気の秘密か?!

でも容量はたったの170g。ええ、もう、すぐに減りますよ(苦笑)

すでに半分以下です(--;)

これはお高くつくクリームだな~・・・・・・でも日本に帰ったらもっと食べられないお値段。もったいなくて、買うことすらできないだろうな・・・・。なのでアメリカにいる内に食べておきたい!と買ってみたのだけど・・・・・いや、そんなに急いで買う必要はなかったかも(^^;) でも美味しいには美味しい。

時々は、このクリームのためにスコーンを焼こうかな、と思う私です。

給食費を払わない親が増えている

Tuesday 03 October 2006 at 06:51 am 「給食費を払わない親が急増中」というような記事を読んで仰天した私。

しかも払ってください、と催促しても「給食を出せと頼んだつもりはない!」とか「給食を止められるものなら止めてみろ!」とか「義務教育だから払う必要なんてない!」などと逆切れして、結局踏み倒されてしまうケースがほとんどだとか・・・・・。

なんだ??これ。

もっと仰天したのは、「給食費を払っていない保護者がいないという学校の方が少なかった」という部分。・・・・・ってことは、もう給食費を払わないっていうのが、公然となされているわけですか??しかも当の本人は高級外車を所有していたり、携帯電話の通話代に月何万もかけたり、というのが多いとか・・・・。ちゃんと給食費を納めている親や、払わない親に代わって自分のポケットマネーで立て替えている教師にしてみれば、「冗談じゃない!」ですよね。自分達のためにはお金をかけることはできるけど、月3,900円~4,500円ぐらいの給食費を払わないなんておかしくないですか?しかも逆切れするって・・・・・人としてどうなんでしょう??

子供は?自分達はそれでいいけど、学校に行っている子供達は?

「給食費を払わない親の子供には給食を与えない」と決めた学校もあるそうです。それで「なんでうちの子供に給食を与えないんだ!」なんて逆切れされたら、たまったもんじゃないな~・・・・。親としてどうなんだ??って思います。

これで給食、本当に止められてみてくださいよ?毎日毎日、お弁当持たせないといけなくなるんですよ?お弁当を毎日毎日作るのは面倒だ、って思わないわけが無い。そして挙句の果てには学校側を非難する・・・・・なんてことにもなりかねない。自分が撒いた種なのに。子供のことを考えないで、自分達のことにお金をかけるなんて・・・・・。

学校側だって困りますよね・・・・・。ちゃんと納めている保護者からは「どうにかしてくれ」と言われ、催促すればその保護者からは「なんで払わなきゃいけないんだ!」なんて逆切れされて。学校側がプッツンと切れてもおかしくはないような状況・・・・・。

こうお金を払わないと、給食センターも切り詰めないといけなくなるわけですよ。貰っているお金の中で、材料費をまかなうわけですから、当然贅沢なんてできない。同じ食関係の仕事をしていたから、この辛さと苦労はよ~~~~~~く分かります!!

痛いほどよく分かる!!

なのに、人って勝手なもので、「もっと美味しいものを出せ」と文句ばっかり・・・・。でも上からは「食材費をもっと押さえろ!」と言われる。もうたまったもんじゃないです。食材費がかけられれば美味しいものが食べられるか?となると、一概には「うん」とは言えないけど、料理の幅が広がるから、献立も立てやすくなるのだ。でも・・・・・。人はどんどん「上」の味を要求するわけですよ・・・・(--;) 同じ職場内でも、こんなことを言われる毎日・・・・・。野菜の値段が高騰している時なんて、もうヒーヒーもんです(TT) 皆、主婦なら、どれだけやりくりするのが大変なのか、分かっているくせに!

文句だけはポンポンと出てくるのはなぜだ?!

思わず話がそれちゃいましたが、こんな経験もしているのでこういう話は許せない!!しかも裕福であるにもかかわらず払わないとは何事!!食べるのは自分達じゃないでしょう!あなたの子供でしょう!!

子供の成長妨げて、どうするんですか!!保護者の皆さん!!
子供が一番辛い思いをするんですよ?!保護者の皆さん!!!


給食費払わなかったら、皆が給食食べている側で、自分だけ食べられないんですよ?!そんな姿を想像してみてください。ものすごくお腹が空いているのに、親が給食費を払ってくれないっていう理由だけで、食べられないんですよ?!なのに親は外で美味しいものを食べている・・・・・・。

ひどい~!!!!

実際に学校側だってそんなことはしたくないでしょう。けどそうでもしないと払ってもらえないから、断腸の思いでそういう措置を取るんでしょう。子供だって、「給食費」なんてものを理解できない年齢の子もいるし、親が払っていないなんて思ってもいないでしょう。なのにある日突然と、「あなたの親は給食費を払っていないから、給食はあげません」なんて言われたら「???」ってなるでしょう。

ああ~、むごい~!!!

そこで子供に問い詰められた親はいったいなんて答えるんだろうか・・・・・。「お父さん達は頼んでいないのに給食が勝手に出てきているんだよ。なのに払えって言われるんだよ」なんて言うのかな。

ああ~!もっとひどい~!!!

自分だって子供の頃は、親が給食費を払ってくれたから、給食を当たり前のように食べられたんでしょう!!なのに自分の子供には給食を「当たり前」のように食べさせてあげられなくなっちゃうかもしれないなんて・・・・・!!それってどうなんですかー!!!!人にお金払ってもらって食べさせてもらっているんですよ?!それなのに催促されて「頼んでるわけじゃない」って・・・・・自分勝手もいいところだ!だったら「自分は給食は頼んでないから、子供にはお弁当持たせます」ぐらいのことしなさいよ!!給食費をちゃんと納めている人に激怒されたって、仕方ないでしょう!!私はまだ給食費を払っていないし、今はアメリカだけど、これってどうなのよ?!って思う。

なんて私が一人エキサイトしても、「馬鹿じゃないの、この人」ぐらいにしか思われないんだろうな・・・・・。まずそんな人達がこのブログを読むのかどうか・・・・・。

なんだかとっても空しくなってきました(-_-)

豊かになり過ぎると、人って簡単にこんな風になっちゃうのかな・・・・・とちょっと悲しくもなった。

こんな事態になっているなら、国もなんらかの措置を取らないと、給食費を払わない人はどんどん増えて行くような気がする。自治体も、学校も、悲鳴を上げていると思う。このまま増えたら・・・・・冗談じゃなく給食止まりそうだ(--;) 子供の将来、はたまた日本の将来、いったいどうなっちゃうんだろうか・・・・・。

なんて一人で議論してみました。
 

Favorites

davlog
Thickbox Gallery 2
全国ゴルフ場マップ

Stuff

Powered by Pivot - 1.40.6: 'Dreadwind' 
XMLフィード(RSS 1.0) 
Atomフィード 
Spam Poison